税金・相続
2016年06月08日
不動産の相続は意外と自分で出来る!?


まずは相続人の確定が必須です

相続の基本的な流れとしては、第一に相続人を確定させることから始まります。財産を相続できる相続人としての権利を有する立場の人は、民法によって定められています。それは故人からみて配偶者・子供・親・兄弟・甥姪が該当します。あらかじめ相続に関して有効な遺言が作成されていた場合はこの限りではありません。相続人の子供には、実子の他にも養子も相続人としての地位があり、また所謂隠し子のような戸籍上繋がりのない子供であっても相続人としての地位がありますので、注意が必要です。不動産相続に限らず、相続は相続人全ての同意が必要ですから、相続人の確定は、戸籍謄本を基にして確実に行うことが重要です。万が一ひとりでも相続人の同意が得られなければ、相続が成立しないのです。

次に相続財産の確定が必要です

相続人が確定した後は、相続財産を確定させる流れになります。相続財産の対象は、銀行預金や株式や債券、もちろんこの中に不動産も含まれます。ここで注意が必要なのですが、相続財産には故人の債務、つまり借金も含まれますので、債務を相続した相続人には借金を返済する義務が生じます。相続財産の額によっては相続税が課税されますが、このとき借金に関しては、相続財産の額から控除を受けることができますので、税務署や税理士に相談しましょう。また、特に不動産相続に関しては、不動産の評価額と実際の相場は大きく乖離している可能性がありますので注意が必要です。相続税に関しては大きな額の基礎控除額も設定されていますので、申告はプロに依頼したほうが良いといえます。

最後に相続財産を分割します

相続人と相続財産が確定したあとは、相続財産を分割する流れになります。相続人が一人の場合は全て一人のものとなります。複数人いる場合は、相続人の立場によって民法で定められた法定相続分の割合が異なりますので、それを基準にして分割していきましょう。特に現金は分割が容易にできるためにあまり揉め事に発展しにくいです。その逆に、不動産相続でも建物の場合は分割ができませんので、よく話し合って誰が相続をするのかを決定しましょう。土地建物といった不動産は、分割こそしにくい財産なのですが、共有と言う方法もあります。これは、相続不動産について、相続人の相続分だけ所有権を相続して、相続人全員で共有することをさします。所有権を分割するために公平性が保たれますが、不動産売却の際には、共有者全員の同意が必要となります。








関連記事
大井町という街2018
五反田という街2018
家を買い替える際の税金について
マンション売却で損をしないための3つのポイント
マンション売却する際に知っておきたい流れ
マンションを購入する際のローンは、ここをチェック!
中古マンション購入の際の諸費用とは?
中古マンションを購入する際の注意点
コメントフォーム





最新の投稿
2018年02月19日
大井町という街2018
2018年02月10日
五反田という街2018
2018年02月03日
家を買い替える際の税金について
2018年01月31日
マンション売却で損をしないための3つのポイント
2018年01月28日
マンション売却する際に知っておきたい流れ
カテゴリー
売却 購入 税金・相続 えとせとら 運営会社 お問い合わせ
© 2016 くらーすマガジン